MEGUMI FUKUNAGA

翠泉会の研究会

民家で生け花を

花とあそぶ ~きらめきの中で~

生け花の会、翠泉会の皆さんとの展示です。
お庭のある民家を会場に、生花とのコラボレーションと新しい試みにチャレンジしたいと考えています。

概要

開催日

2019年7月7日(日)10~16時

主催

翠泉会 すいせんかい

問い合わせ

翠泉会事務局
0565-31-0482

会場

中条邸 離れ

所在地

豊田市宮上町4-96

ワークショップ開催

「オブラートで作る花」

薄く半透明のオブラートを使って、二種類の花を作ります。
そのまま飾って楽しんで頂く事もできますが、水に浸けると溶けてしまう生花のような儚さがあります。

 

オブラートの花 「雫」

2019年
オブラート、ガラス器

蓮や睡蓮をイメージして作ったオブラートの花が
上段の蕾から下へと順に開いていく

棚を幾つかの層の重なりとして
下段には、水の雫のような波紋とゆがみが表現されたガラスの器に花を置く

オブラートの花 「川」

2019年
オブラート

小雨が降り続いていた七夕の朝、
空の機嫌を伺っていると、雨は次第に細かい霧雨になリ始めた

小さな橋が架かる中条邸の庭に オブラートの花を浮かべる

やがて雨が上がり太陽の光が差し込んで、土の温度が上がっていくのを感じる

濡れた地面に触れたオブラートの形は少しづつ変化し、ゆっくりと大地に溶け込んでいく